慰謝料は弁護士基準で

慰謝料は弁護士基準で

前述したように、慰謝料の算出には使う基準によって大きく金額が異なります。そのため、加害者の保険会社との交渉が起こります。個人で交渉した場合は、保険会社に裁判ではないので弁護士基準での算出はできないなどと言いくるめられることも多く、正当な金額を獲得するのは非常に難しいものです。

慰謝料請求は種類や基準などが難しいので、弁護士に相談することをおすすめします。弁護士に代理で交渉をお願いすることで、加害者の保険会社の提示する金額よりも増額できる可能性があります。

交通事故のときに、弁護士に相談することは慰謝料請求だけでなく多くのメリットがあります。交通事故の被害者になることは、日常生活では滅多に起こることではありません。したがっていざ当事者になってしまった場合は、パニックになってしまう人も大勢います。そのとき、冷静で的確なアドバイスをしてくれるのが弁護士です。今後の動き方や交渉の進め方などをサポートしてくれるのは大変心強いものです。弁護士に相談したいけれど費用が心配という人は、自動車保険に特約を付けると安心です。自動車保険には弁護士費用特約というものがあり、いざというとき費用面でサポートが受けられます。万が一に備えてそういった情報を知っておくことも大切です。

【関連リンク】アディーレ_交通事故弁護士相談


Comments are closed.