算出する3つの基準

算出する3つの基準

慰謝料の算出には3つの基準があり、それぞれ算出される金額が異なります。したがって、慰謝料請求をする際や示談交渉をする際、裁判で訴訟する際には、どの基準で算出するかによって、金額に差があるので注意が必要です。

「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の3種類があり、最も低い基準が自賠責保険基準で算出された場合です。車を運転する人が必ず加入しなければいけない保険が自賠責保険です。交通事故の際にはじめに自賠責保険から保険金の支払いがあるので、最低補償基準となっています。1日4200円×入通院日数(通院期間または通院実日数×2の少ない方)で人身事故賠償金が120万円以下の場合に適用されます。

自賠責保険で補えない部分の補填が任意保険なので、任意保険基準での算出は自賠責保険基準よりは基準が高めですが、保険会社により基準が異なります。また基準が非公開のため具体的な算出が難しいと言えます。

3つのうち最も高額な基準となるのが弁護士基準で、慰謝料表や過去の判例に基づき算出され、裁判で認められる可能性のある金額であるとも言えます。裁判所基準と呼ばれることもあります。

任意保険基準で算出される慰謝料の金額と、弁護士基準で算出される慰謝料の金額には大きな差があるので、慰謝料請求の際には、交渉がスムーズに進まなかったり、示談が成立しなかったりする理由にもなります。


Comments are closed.