慰謝料の種類

慰謝料の種類

一口に慰謝料と言っても、人身事故の場合、大きく分けて「入通院慰謝料」「後遺障害慰謝料」「死亡慰謝料」の3つの種類に分かれます。それぞれに内容が異なるので整理しておきましょう。

入通院慰謝料は、傷害慰謝料とも呼ばれます。交通事故で、入院したり、退院後も通院が必要だったりする状況の場合に、身体的な損害や精神的な損害に対して賠償するためのものです。入通院慰謝料は入通院が必要な日数とケガの程度やケガを負った部位を考慮して金額が決定されます。

後遺障害慰謝料とは後遺障害に対して支払われる慰謝料です。この場合の「後遺障害」とは、交通事故で負った傷が残ってしまった場合や、神経症状が残ってしまった場合のことを指します。交通事故でよく起こるむち打ちや、手足のしびれなどもこの後遺障害に含まれ、認定等級が細かく分かれています。

死亡慰謝料は、被害者が死亡してしまった場合にのみ発生し、被害者の遺族に支払われます。死亡した被害者本人に対する慰謝料と、被害者の遺族に対する慰謝料の2種類があります。被害者本人に対する慰謝料とは、死亡してしまった本人が受けた精神的苦痛に対するもので、相続人が相続します。被害者の遺族に対する慰謝料とは、被害者が死亡したことで近親者が受ける精神的苦痛に対して支払われます。


Comments are closed.